Videography

ビデオグラフィ

四郷郷土資料館(四日市市)

【施設・スポット】
三重郡四郷村役場として建てられた、当時としてはハイカラな村役場で、現在も外観の淡いピンク色が目を楽しませてくれます。
建造にあたっては、郷土の先人で県下有数の経済人であった第10世伊藤傳七翁が1921年(大正10年)6万円という大金を寄付したことが知られています。
昭和57年2月、四日市市の有形文化財の指定を受けたことをうけ、昔の四郷を物語る歴史・民俗資料や文化財を収集し、この偉容を誇った旧役場とともに永く後世に伝えようと昭和58年11月3日「四郷郷土資料館」として生まれ代わりました。

topimg

伝七邸の主であった第十世伊藤伝七翁の足跡をたどることができる資料館。
近代産業発祥の地、四郷。この地に住む方が「全国一の村役場」と謳った村民自慢の建物を体験してみませんか?



基本情報

取材先 四郷郷土資料館
住所 〒510-0943 三重県四日市市西日野町3375番地
電話番号 059-322-5675
ウェブサイト http://yogou-mie.com/shiryo_kan/
営業時間 毎週土曜日 9:00 ~ 16:00
定休日 日曜日~金曜日
料金 無料
公共交通機関でのアクセス 四日市駅からバスで15分
四郷小学校前下車から徒歩で1分
車でのアクセス 近鉄四日市駅から車で15分
駐車場 駐車場あり(数台につき、ご注意ください)