News

ニュース詳細
2019年01月26日

伝七邸ESDスクール「地域の放送メディア」を開催しました

Standard Post with Gallery

伝七邸で定期的に行われているESD(持続可能な開発のための教育)スクールが、1月26日(土)開催されました。
三重テレビ放送株式会社 長江 正代表取締役社長が「地域の放送メディア」と題して講演。三重大学を中心とする大学生20名が学びました。

長江社長は、ベルリンの壁崩壊やソビエト連邦の消滅など激動のヨーロッパ時代を取材した経験から、放送ジャーナリズムを学んだと語り「知りたい!という強い好奇心が、私を動かしていた」と当時を振り返りました。
三重テレビ社長に就任後は、三重テレビがキー局ネットワークに属さない独立局であることを活かし、地域密着のローカルニュース、ドキュメンタリー、スポーツ中継に力を入れていると語りました。
また災害が心配される昨今では、三重テレビが災害情報を最速で届けられるように、テレビだけでなくインターネットと連携を計っているそうです。

「視聴率ではない、良い番組を作ること。どれだけテレビ離れが叫ばれようとも、面白い番組は見られる。」と、力強く語り、テレビメディアならではのコンテンツの魅力を教えていただきました。

〇三重テレビ放送
http://www.mietv.com/

【講演内容ダイジェスト版】
第1回 独立局の役割
第2回 三重テレビの強み